teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


DK3セリフ

 投稿者:はーす  投稿日:2015年 1月 8日(木)05時16分58秒
編集済
  影久(73)受け入れてくれて有難う!なるべく足を引っ張らないよう頑張るね(^^
ルド(429)どちらかというとこちらの方が(主に状態異常治癒で)お世話になりそうな・・・これから宜しくね(^^
るー(320)しもべ・・・は嫌だなぁw信者ならうーん・・・多神信仰でもいいなら(^^
アシュラ(149)背、高いなぁ・・・自分より高身長の相手に久々に会った気がする。これから宜しくね(^^

独立武装盗賊組織【闇の翼】の若き総帥。
恵まれた体格と、穏やかな性格、強い意志の持ち主。
言葉遣いなどに男っぽさはあるが、自身が女である事を否定はしない。
異界の女神【ユマリ】を信仰(?)している。

14歳の頃に、非道な盗賊団によって両親を殺されている。


【ユマリ】
「黒き豊穣の女神シュブ=ニグラス」の流れを汲む女神であり、正式には「邪神ユマリ」。
「黒き星神」は異称である。他に「虹彩の女神」「清らかなる乙女の守護者」の異称も持つ。
元々は別世界の神だが、時空間の移動先を誤った結果、この世界に迷いついた。

普段は人間の姿で動き回ってることが多い。前はスカート女子だったが、結婚してからはパンツルック。


【闇の翼】
かつては悪名を轟かせていた一大盗賊団だったが、対立する別勢力との抗争によって壊滅状態になる。
武夢はこの頃の闇の翼には関わっておらず、現在武夢が総帥を名乗っているのは、
実質的には「新生 闇の翼」
である。
 
 

りりさん

 投稿者:はーす  投稿日:2014年 5月13日(火)23時00分16秒
  定家 梨李(サダイエ リリ) ♀ メイド 年齢不詳
STR:11 DEX:10 INT:13 アイデア:65
CON:14 APP:18 POW:11 幸 運:55
SIZ:16 SAN:0  EDU:14 知 識:70
H P:15 M P:11 回避:20 db:+1d4
――――――――――――――――――――――――――
[職業技能280 個人技能130]
【職業技能】
聞き耳:50(25+25)% 経理:30(10+20)% 忍び歩き:(10+20)%
信用:27(15+12)% 心理学:50(5+45)% 精神分析:21(1+20)%
奉仕学:99(1+98)% 応急手当:70(30+40)%
【個人技能】
鞭:70(5+65)% 回避:60(20+40)% 武道【操鞭術】:26(1+25)%
――――――――――――――――――――――――――
[持ち物]
・武器
[懲罰の鞭(1d6+3+db 耐久:20)]
・防具
[マスターエプロン(2点の装甲 ]
・所持品
[――――――――ここに記入――――――――]

[プロフィール]
 

立山予約

 投稿者:はーす  投稿日:2013年 8月12日(月)20時19分39秒
  10月6,7日のWEBきっぷご乗車について10月6,7日は、立山駅発臨時室堂行直行バスのご予約のみとなります。

その他の区間の乗り物は、お客様のご予定に合わせてご乗車ください。

行き:立山駅から臨時室堂行直行バスで室堂まで行きます。
   ※美女平、弥陀ヶ原の途中駅には、止まりません。
※所要時間:70分
 帰り:室堂から美女平まで高原バス
   美女平から立山駅まで立山ケーブルカーの乗り継ぎになります。

お客様のお申し込み内容は以下の通りです予約番号:4e93c7b9予約日:2013/08/10メールアドレス:shalon82parsent@yahoo.co.jpご乗車日:2013/08/15立山駅発乗車時間:09:00*乗車時間のご予約は、立山駅発立山ケーブルカーのみとなります。
その他の乗り物については、乗車時間のご予約はございませんのでご注意ください。

おとな:1 人きっぷの種類:立山駅から室堂片道きっぷお支払金額:2,360 円



「WEBきっぷ窓口」お客様は「総合案内センター窓口」にお越しください。


きっぷ引換ご乗車当日には、ご本人様が確認できる物(免許証など)の呈示と予約番号を「WEBきっぷ窓口」にお伝えください。
きっぷをお渡しいたします。
混雑時期は混み合う場合がありますので、15分前までにきっぷをお受け取りください。
ご予約時間を過ぎた場合、ご予約時間は無効となります。「WEBきっぷ窓口」でご相談ください。ご乗車待ち時間がでる場合がございます。

キャンセル料乗車日前日(12:00)までに取り消し手続きがない場合は、キャンセル料が発生します。

おとな お一人様 500円
こども お一人様 250円

お問合わせ先立山黒部貫光株式会社 営業推進部 販売予約センター
TEL(076)432-2819   営業時間 8:30 ~ 17:30
E-mail: yoyaku@alpen-route.com

 

ゆーあーるえる

 投稿者:はーす  投稿日:2012年 4月14日(土)14時03分36秒
  http://onlineshop.nintendo.co.jp/shop/item_detail?category_id=170031&item_id=796752

http://www.kengoueda.com/bin1/ueda.php

 

顔文字一覧

 投稿者:はーす  投稿日:2012年 2月19日(日)09時13分35秒
  しょぼん(´・ω・
むきーヾ(`Д´)ノ
しくしく゚(゚ノ∀`゚)゚。
いえーい(´▽`)人(`▽´)
ふふ(´ー
ははんヽ(´▽`)ノ
びっくり∑(ノ'△';)ノ
はこは:[゚Д゚]<ハコハカエレ!!
はこも:[゚Д゚]<ハコモアイシテ・・・
 

ジュエリーURL

 投稿者:はーす  投稿日:2011年12月19日(月)00時11分17秒
  http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E3%81%AE%E5%AE%9D%E7%9F%B3%E7%AE%B1-%E5%A4%A9%E7%84%B6%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E8%B6%85%E5%A4%A7%E7%B2%92%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%81%E3%80%90%E8%AA%95%E7%94%9F%E7%9F%B3%EF%BC%91%EF%BC%91%E6%9C%88%E3%80%91/dp/B004MWKY6W/ref=sr_1_306?s=jewelry&ie=UTF8&qid=1324218981&sr=1-306  

そっと・・・

 投稿者:はーす  投稿日:2011年 3月13日(日)06時50分42秒
  Yahoo! JAPAN ID: shalon82parsent
商品名: 「Yahoo!基金」支援壁紙(100000円)
購入日: 2011年3月13日 6時49分
価格: 100,000円(税込)
お支払い方法:  Yahoo!ウォレット [登録情報の確認、変更]

 

はーす

 投稿者:はーす  投稿日:2010年 7月11日(日)20時48分15秒
  ハースの設定
ハースという少年がいた。
本星コーラルにおいて、特に裕福というでもなく、特に貧しいわけでもない、平凡なヒューマン家庭の平凡な次男坊だった。
ハースには5つ年の離れた妹がいた。
ハースは、自分と同じ黒い髪と黒い瞳をした、とても愛らしい顔で自分に微笑んでくれる
この妹が大好きだった。
ハースには2つ年の離れた兄がいた。
ハースは、自分とは違う金の左眼と銀の右眼をした、ちょっと口が悪くて、だけども
とても優しくて頼もしいこの兄が大好きだった。
だからハースは、両親が、異端の眼を持つ兄の事を嫌悪しているのが辛かったし、
その兄に懐いている自分の事を、両親が疎んでいるのが辛かった。

コーラルは、さきの大戦で使用された大量破壊兵器の影響で、
深刻な環境悪化にみまわれていた。
この星を棄て、新たな星へと移住する事を検討していた10カ国同盟は、
無人探査機によってひとつの惑星を発見する。
ラグオルと名づけられたその星に、探査研究を目的としたパイオニア1が旅立ってから数年、
拠点となる居住区画、セントラルドームの完成により、
大規模移民船パイオニア2が招致されるよりも、半年ほど前の事だった。
ハースの家から火の手が上がった。
ハース達兄弟は外出していた為に難を逃れたが、出火時、家に居た両親は、焼け跡から
遺体で発見された。
親の死により、経済的に不安定になった為に、兄はそれまで
通っていた学校を辞め、実力次第で十分な見返りを得る事ができる、ハンターへの
道を選んだ。
元々優れた人間であった兄は、僅かな期間の間に、ハンターズに正式に
ハンターライセンスを与えられる程に成長した。
両親が生きていた頃は、ハース達家族は、パイオニア2の乗船権がなかったが、
兄が正式なハンターズのメンバーとして、パイオニア2に乗り込むことになった事で、
ハースと妹も乗船する権利を得る事ができたのは皮肉な話だった。

パイオニア2がラグオル軌道上に到着し、セントラルドームとの交信を開始する瞬間に起きた、
謎の大爆発。
通信は途絶え、回復する兆しもない。
パイオニア2は、ラグオルへの上陸を急遽中止し、その後、総督府によって
地表調査を依頼されたハンターズのみに、ラグオルへのトランスポーターの使用が認められた。
ハンターズとして、連日のようにラグオルへと降りる兄。
ラグオルに生息している、エネミーと呼ばれる生命体との戦いで、いつもどこかに傷を
つくりながら帰ってくる兄。
ハースは歯痒かった。
兄は元々は料理人を目指していた。
自分と妹の為に、その夢を諦めて、ハンターとして動く兄を見続けるのは辛かった。
どうにかして兄の助けになりたい。でも、どうしたら・・・
そう苦悩するハースの耳に、軍の兵士とハンターの会話が聞こえた。
「地表にはパイオニア1に乗り込んでいた軍の装備が・・・」
ハースはその言葉を聞き、これだ!と思った。
トランスポーターを見張っている兵士の目を盗んで、ラグオルに降りる。
ラグオルに落ちている、パイオニア1の装備を見つけて、持って帰ってきて
売れば、結構な額のメセタになるはず。
もし、エネミーに遭遇しても、
戦おうとせず、すぐに逃げればいい。
本物のエネミーの恐ろしさを知らないハースは、そんな安直な考えで、ラグオルへ降りる事を決めた。
兵の目を盗むという事自体、本来難しい筈なのだが、意外にもチャンスは
すぐにやってきた。
ある日、トランスポーターすぐ横にあるメディカルルームで、異臭騒ぎが起きたのだ。
テロの可能性も否定できない軍兵達は、すぐにメディカルルームへとかけつける。
その兵が居なくなった隙を見計らって、ハースはトランスポーターに乗り、ラグオルへ降りていった。
因みに異臭の原因は、メディカルルームに担ぎ込まれた患者が、
こっそりと本星から持ち込んでいた食べ物、「ナットウ」だった。

初めてラグオルの地を踏んだハース。
久しぶりに大地を踏みしめる感触に、妙な懐かしさを感じつつ、辺りを見回し、
アイテムが落ちていないか、エネミーがいないか確認する。
すると、20m程先だろうか、防具が入っている事を示す、青いボックスが目に入った。
周囲にエネミーらしき姿も見えない。
ハースは胸を躍らせてボックスに近づく。
ボックスを手に取り、アイテムコードを確認すると、リカバリバリアの文字。
思わぬレアアイテムに歓喜した、その時だった。突然、背後からボコッ、という音。
振り返ったハースの目に映ったのは、ブーマと呼ばれるエネミーだった。
グォォォッ!という叫びに一瞬硬直、逃げなければ!と足を1歩後ろに出した時には、
ハースの身体は、既に、ブーマの鋭い爪で4つに切り裂かれていた。
仰向けに倒れ、目に映る空の色が、きれいな薄青から、鮮烈な赤へと変わっていく。
だんだん薄れていく意識の中で、頭の中に響く声。
・・・イキタイカ?・・・
・・生きたい・・・
生への執着が、無意識にハースの唇を動かした。
ナラバ・・・ワレヲ・・ウケイレヨ・・・ソシテチカエ・・イギョウのヌシ・・・
ダークファ・・ルスヲ・・カクジツニ・・ホロボス・・ト・・
・・・誓う・・・
やはり無意識のうちに、ハースがそう答えた瞬間だった。
全身を、雷に貫かれたような感覚。直後、身体中の血がマグマになったのでは、と
思う程の全身が燃え滾る感覚。
その感覚が収まった時、空を仰いでいた筈のハースの眼が捉えていたのは、緑茂る大地の風景、
そして、再び自分の眼前に立ち塞がる、ブーマの姿だった。
振り下ろされる右腕。ハースは、反射的に左手で、その腕を弾いた。瞬間、ブチィッ!という音がして、
ブーマの右腕は、肘から先が無くなっていた。
苦悶の声を上げるブーマ。目の前の出来事に呆然としつつも、ハースの中にひとつの確信が生まれる。
ブーマが、残った左腕を自分に振り下ろすよりも早く、1歩踏み込んだハースの拳が
ブーマの顔面を、一瞬でミンチに変えた。
強くなっている。異常なぐらいに。凡俗な自分がやったとは思えない、その所業に、
ハースは再度、そこに倒れたブーマの死骸を見つめ、それをやった自分の手を見つめる。
白い、透き通るような手。
「え!?うわわわわわ!?」
自分の身体では無かった。
こんなに白く、ほっそりとした腕では無かったし、男だった自分に、こんなはちきれるような胸は無かった。
それに、ヒューマンの自分の耳は、こんなにとんがってはいなかった。その姿はまるで・・・
「ニュ、ニューマン!?」
(雄に憑くのもつまらんのでな。勝手に身体を変化させて貰ったぞ)
頭の中に響く声。だが、さっきはカタコトのようで聴き取り難かったその声は、
今ははっきりと認識できた。
(貴様が誓いを果たし、ダークファルスを完全消滅させたその時には、元の身体に戻してやる)
クククと笑うその声の主を、本当だろうかと疑いながらも、信じる以外に道は無く、
本当の自分の身体を取り戻す為、ダークファアルス打倒の為に、ハースは今日もラグオルを駆ける。
 

みあさん

 投稿者:はーす  投稿日:2010年 7月11日(日)20時46分40秒
  Mia設定。
宇宙軍空間機動歩兵第32分隊によって、
広範囲殲滅用兵器として、極秘裏に開発が進められていた、
Masterprogram Install Android。
だが、完成間近になって制御プログラム、及び感情プログラムに
重大なエラーが発生。
エラー原因を特定する事が出来ず、結局、電子回路を焼き切られた後に、
ボディをパーツ毎に分解されて廃棄処分される(特殊素材を使用している為に、
溶解、プレス等はできなかった)。
その後、ハースに廃棄場で発見され、憑依している闇の力で再構築される事となる。
その際にも、制御及び感情プログラムはエラーを起こしたままだったが、自身に
搭載された自己メンテナンス機能により徐々にエラーは修復されていき、
現在は完全に本来あるべき状態に戻っている。

その体内には、ヘブンパニッシャーの設計図を基にして製作された、
究極の破壊兵器【PLANET BLEAKER】が内臓されている。
 

クレリアさん

 投稿者:はーす  投稿日:2010年 7月11日(日)20時44分3秒
  クレリアさん設定
コーラル本星の名家、ルートヴィッヒ家の末女。
類稀なる力を持って生まれた彼女は、生後わずか4日にして言語を理解し、生後一月の頃には、既に
2本の足で立って歩く程になった。
クレリアの将来性を見込んだ父親は、本来は男児にのみ課せられる武術鍛錬を彼女にも課した。
始めのうちは、父の言うままに鍛錬をこなしていた彼女だが、
数をこなせばこなすほど、厳しさ、激しさを増してゆく鍛錬に次第に嫌気がさし、
天井知らずに自分に困難を課す、父に対する憎しみの感情は、日増しに高まってゆき、
クレリアが4歳のある日、その感情が爆発。対峙していた父を半殺しにした上に
拝殿に飾られていた、家宝の槍を奪って家を飛び出した。

それからしばらくの間、賞金稼ぎまがいの事をしながら、気ままに方々を旅していたクレリアは、
とある一件で、黒い猟犬と呼ばれるアンドロイドと、刃を交えるも引き分ける結果となる。
猛き者を求める黒い猟犬・キリークのはからいで、パイオニア2へ乗船する事と
なったクレリアは、航行中のパイオニア2内で、偶然旧知の存在であったジェダと再会。
彼から、彼が「ラグオルでやらねばならない事」を聞いたクレリアは
暇潰しがてらジェダに手を貸す事になった。
 

レンタル掲示板
/7