teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


掲示板、過去の投稿の保存方法について(訂正)

 投稿者:高橋 賢メール  投稿日:2008年 8月 2日(土)11時37分41秒
  8/1に、投稿したものに一部ミスがあったため、訂正します。

[保存方法]
1  保存先のフォルダをCドライブ、Dドライブのどちらかに、あらかじめ作っておく。
  名前は、たとえば「Okeuta掲示板」とでもしておく。
2 その下に、保存すべきページ番号、たとえば1とか2とかのサブフォルダを作っておく。  すべて保存するふ場合には、20まで必要。
3  この掲示板を開き、保存したいページにとぶ。(最初に出ているのは1ページ目)
  たとえば、2ページ目とする。
4  上段、一番左にある「ファイル」というメニューから「名前をつけて保存」を選択。
5 「ウェブページの保存」という画面が出る。
6  「保存する場所」をあらかじめ作成したフォルダに変更。
   2ページ目なら、C:\Okeuta掲示板\2
    (Cドライブにこのような名前のフォルダを作った場合。)
7  ファイルの種類を「Webページ完全」として、保存する。
8  いまの例では、C:\Okeuta掲示板\2のフォルダ内に、
      「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.files」 というフォルダと      「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.htm」というファイル
  の2つが保存されます。
9  後者をクリックすると、この掲示板を削除された後も、2ページ目の書き込みをいつで  も見ることが できる。
       C:\Okeuta掲示板\2\オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.htm
           をクリック。
      「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.files」
          には画像などが保存されます。
     8の2つはどちらも必要。片方を消すと、両方消えるしかけになっています。
10  過去のすべて、 20ページ目までたどると、その最初(下の方)には、8/1 投稿のよう  に、最初の投稿、マエストロのものが出ます。

[ご注意]
  このような画像を含めた保存方法は、すべてに適用できますが、ご自分のホームページ には絶対にやらないでください。もともと、保存されているので、あらためて保存する  必要はないはずですし、内容が勝手に書き換えられてしまい、修正が大変になります。

保存方法などで質問がありましたら、新しい掲示板にお願いします。
  (8/1投稿の写真は、日光白根、7/30 山頂付近で一瞬だけの夏の青空が出たときのもの)

http://homepage1.nifty.com/mstak/

 
 

過去の投稿の保存方法について

 投稿者:高橋 賢メール  投稿日:2008年 8月 1日(金)10時02分59秒
  7/27に、設置した新しい掲示板に予告したように、昨日をもってこちらを閉鎖するつもりでしたが、こちらにはなんのお知らせもしていませんでした。
そして、こちらの過去2年以上の投稿をほぼそのまま、保存する方法がありますので、それをお知らせするとともに、集中豪雨的ないたずらかつ悪質な書き込みガない限り、8/10まで、存続させることにしました。ただし、これからの投稿はすべて新しい方にお願いします。
[保存方法]
1  保存先のフォルダをCドライブ、Dドライブのどちらかに、あらかじめ作っておく。
  名前は、たとえば「Okeuta掲示板」とでもしておく。
2  この掲示板を開く。
3  上段、一番左にある「ファイル」というメニューから「名前をつけて保存」を選択。
4 「ウェブページの保存」という画面が出る。
5  「保存する場所」をあらかじめ作成したフォルダに変更。
6  ファイルの種類を「Webページ完全」として、保存する。
7  1で作成したフォルダ内に、
      「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.files」 というフォルダと      「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.htm」というファイル
の2つが保存されます。

8 後者をクリックすると、これまでのすべての書き込み(過去の書き込みを20までたどると、

   祝! HP開設  投稿者:井正浩  投稿日:2006年 6月10日(土)09時52分27秒
     おはようございます、井です。演奏会を前に、素敵なHPがやっと立ち上がりまし     たね。おめでとうございますと当時に、明日の演奏会もどうぞよろしくお願い致しま    す。これまでのリハを思い起こし、今回の演奏会もいいものになる予感と確信が出て    きました。頑張りましょうね! どうぞよろしくお願い致します。

まで出てきます。最初の投稿はマエストロだったですね。プッチーニの「グローリア・ミサ」本番直前です。

9 前者の「オーケストラと歌う合唱団イン西東京 トップページ.files」 というフォルダ には画像などが保存されます。さすがに、画像は最新ページのものだけです。
7の2つはどちらも必要。片方を消すと、両方消えるしかけになっています。

[ご注意] こちらには、もう投稿しないよう、お願いします。
ほぼ同文を新掲示板にもだします。保存方法で質問がありましたら、それも新しい方にお願いします。

http://homepage1.nifty.com/mstak/

 

演奏会のご案内

 投稿者:東京ムジーククライス  投稿日:2008年 7月 8日(火)15時51分0秒
  突然の書き込み失礼致します。
この場をお借りして、演奏会のご案内をさせて下さい。

【東京ムジーククライス 第2回定期演奏会】
 2008年8月24日(日) 14:00開演 13:30開場
 紀尾井ホール(東京都千代田区)  全席自由2,000円
 チケットぴあにて発売 (Pコード:288-432)

 演奏曲目: ロッシーニ  《小荘厳ミサ》

 渡辺祐介(指揮)
 松井亜希(ソプラノ)、上杉清仁(アルト)、 藤井雄介(テノール)、上江隼人(バス)
 鈴木優人(ピアノ)、羽賀美歩(ピアノ)、高橋博子(ハルモニウム)
 東京ムジーククライス(合唱)

『東京ムジーククライス』 公式サイト  http://musikkreis.net/

今回の演奏会で取り上げます、ロッシーニ「小荘厳ミサ」は、2台のピアノとハルモニウム、合唱・ソロ重唱が美しくも厳粛に交わる名曲で、本年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにおいて、ミシェル・コルボ@ローザンヌ声楽アンサンブルが取り上げ、話題になった楽曲でもあります。

バッハ・コレギウム・ジャパンなど国内外で活躍する演奏家を多数招き、約60名の若者たちばかりの合唱で、濁りのない響き、引き締まった演奏を目指し活動しています。ぜひお楽しみ下さい。

http://musikkreis.net/

 

スターバト・マーテル

 投稿者:ラテーザメール  投稿日:2008年 6月16日(月)17時04分4秒
  OKEUTAの皆様が定期演奏会で歌われた、ドヴォルザークのスターバト・マーテルのプラハ・スメタナホール公演を行います。
今年の12月8日(マリアの無原罪の祝日)という記念すべき日での公演に出演する合唱団員の募集しています。

原則として、経験者もしくは足しげく練習に通って頂ける方、というのが条件となります。
経験者の方は、集中練習などにご出席ください。

指揮 :辻秀幸
練習 :不定期、ただし土日午前または午後(日曜は夜の場合もあり)
会場 :主に神奈川県川崎市または都内
公演日:2008年12月8日(チェコ・プラハ)
オケ :チェコ・プラハ管弦楽団
定員 :最大であと40名程度(但しパートの定員あり)

詳しくはメールにてお問合せ下さい。
突然の書き込み失礼いたしました。
 

演奏会のご案内

 投稿者:葛飾区民合唱団  投稿日:2008年 6月16日(月)11時49分28秒
  OKEUTAのみなさん、こんにちは!
演奏会のご案内です。
葛飾区民合唱団は、平成4年に葛飾区民を中心に結成されたアマチュアの混声合唱団です。かつしかシンフォ二ーヒルズを拠点に活動し、レパートリーは古典から現代曲まで西欧作品・邦人組曲など多岐にわたり、アマチュアとして楽しみながらもレベルの高い演奏を目指して練習を重ねています。
この度、今世界の音楽シーンのみならずわが国の合唱界でも注目の、スウェーデンの人気作曲家&Jazzピアニスト、スティーブ・ドブロゴス氏ご本人を迎え、ドブロゴス氏作品一色の演奏会を開催することとなりました。
ぜひとも多くの方々にご来場いただきたく、ご案内申し上げます。

-------------------------------------------------------
葛飾区民合唱団第21回定期演奏会 『ドブロゴス展』
-------------------------------------------------------
平成20年10月19日(日)

指揮:外山浩爾・藤井正
ピアノ:STEVE DOBROGOSZ・藤井亜紀
管弦楽:東京 Fortuna・Ensemble

プログラム:
 ○「choir songs-vol.1」より
 ○「ZAKURO(ざくろ)」 詩:星野富弘
 ○「Mass」
 ○ 他に、STEVE DOBROGOSZ氏ピアノ演奏有り

ホームページ http://www2.odn.ne.jp/kkc/
お問合わせは etilismo@rio.odn.ne.jp
 

箱根登山電車・あじさんのうちわ

 投稿者:高橋 賢メール  投稿日:2008年 6月11日(水)12時17分37秒
  団長さんはじめ、スタッフの皆様、ほんとうにご苦労さまでした。

昨年夏、団長から「ハンガリーへのお土産にうちわを!!」とのお話があり
ましたが、昨今はなかなか入手困難になったように感じます。気にしていた
のですが、昨年はとうとう、1本も手に入らなかった!!

昨日、たまたま、女性4人に誘われて、黒一点、箱根の神山に登る予定で湯本
から強羅までの箱根登山電車に乗りました。駅に写真のような小型のうちわが
あり、事情を説明して、大量にもらってきました。
75本、もう少しもらいたかったですが。

神山へ向う分岐点で、空模様があやしくなり、雷だか自衛隊の税金ぶっ放しか
分からない音が盛んにしていたので、「雷3日」ともいうし、神山は雷が多いと
のことで、安全をみて、大涌谷に下り、桃源台まで散策してきました。

http://homepage1.nifty.com/mstak/

 

音楽の贈り物

 投稿者:浜中 勝  投稿日:2008年 6月 8日(日)10時22分52秒
   私は今、疲れのまっただ中にいる。ドヴォルジャークのスターバト・マーテルという怪物と真っ向勝負しての戦いに全力投球した結果の疲れである。
大曲を演奏する規模でない西東京に私の信条の一つであるエキストラは頼まない方針をどう貫くか。先ずはこの点であきらめる所を、あなたが大切にしてきた坂戸の中村代表との関係を活かしてみたらと音楽の神様がヒントをくれた。
西東京が最後にやり残している最高のオーケストラとのアンサンブルを私の音楽活動の中で
かつて力を借りた荒牧さんが、都響のスタッフにいて力を貸してくれるという。この絶好のチャンスを活かしたいが、果たして都響と対等にアンサンブルする合唱団としての音楽的技量を高められるか、演奏料を支払う一番の基となるチケット販売の予算を達成出来るか。
目の前に立ちはだかる壁に圧倒されそうになりながらも10年間良い音楽をするための合唱団づくりをしたいと必死にやってきたことで得た知恵がこの壁の先にある一寸の光明を見せてくれた。それは西東京、坂戸とも良い音楽をするために前向きな考えを持ち行動するスタッフ、団員が相当数いる。この両団ならこの大きな壁も希望ある目標に変えられるし、この力を結集出来たら、相当なエネルギーになり壁をぶち破れるとの確信が私に戦う勇気を与えてくれた。
案の定スタッフが一丸となって献身的な努力をしてくれ、団員一人一人が一体となる音楽づくりに出来る限りの努力をしてくれた。この姿勢が井崎先生に引き継ぐ重要な最後の詰めの練習を担当する高橋先生に共感され、高橋先生ならではの指導を仰ぐことが出来、本番は完全に一つの合唱団になっていた。井崎先生がこの私達の成長に信頼をおいて、本番の棒を変えてあれだけの一体感ある演奏を創り出せたのも、これも私の信条の一つである指導者や指揮者と共同作業が最高に上手くいった結果だと思う。
私は本番の演奏で感動のあまり涙する場面がよくある。今回は自分のベストな演奏の為に涙せずに冷静に歌いきると自分に言い聞かせ、危なかったが歌いきった。
録音のCDが出来てきて試聴する内に今まで述べてきたことが、私の頭の中を走馬燈のように駆けめぐり、135人が今回の演奏会の目標に向かってひたすら努力してきてくれた事が目に浮かび、みなさん、ありがとうの気持ちで胸が一杯になり、一人涙して最後まで聴いた。
良い音楽をしたいとひたすら努力をするとき、音楽は生きていて良かったと思える感動を最高の贈り物として与えてくれる。その事を一人一人が自分の宝物としてこれからさらに音楽していってくれたら、色々無理を強いた私も心が軽くなると思う。
 

ロッシーニとの比較など

 投稿者:高橋 賢メール  投稿日:2008年 6月 3日(火)22時44分46秒
  本番までの厳しい練習の連続もなんとかのりきっての本番、もうおしまい?とあっけなく終ってしまった感じでした。そういうときはだいたい調子よくいったときと自己満足していきました。

ほぼ満席の聴衆から惜しみない拍手をいただき、打ち上げで、皆さん方のお話しを伺い、坂戸の方々とも交流できたことにも満足して、まだ、スタバート・マーテルの余韻にひたっています。お誘いした方々に、お礼をかねて感想をおききしたところ、いいコンサートだったと、大変喜ばれました。

前日、5/31のステージリハーサルを客席に置いたMDで録音したものを聴いたり、あらためて、CDを聴いたりもしています。
昨年のロッシーニ、5番、バスのアカペラで始まり、印象的だった、
in amando Christum Deum などがどこに行ったのかと思ったら、今年は4番の長谷川さんのソロにあり、それに続く対照的な天使の声の
Sancta Mater is tud agas は、ロッシーニでは6番、テナーソロ。
ちなみに、5番のバスのアカペラはなんと、今年の3番の印象的な
Eja Materで始まる3行詩の部分であることを知って、今頃、びっくりしています。

上田さんの紹介された「わが母の教え給いし歌」早速聴き直しました。ドボルザークのオペラ「ルサルカ」の中の月に寄する歌、今をときめくアンナ・ネトレプコを水着姿にして歌わせている映画の録画があり、それもじっくりと見直しました。やってきた孫にも、人魚姫の音楽だよと聞かせてやりました。

浜中団長ご夫妻さんをはじめ、スタッフの皆様のご苦労あってのことと、あらためてお礼を申し上げます。
[追伸]
ハンガリー、しめきりを大幅に越えてしまいましたが、今日、夫婦で申し込みました。7月末にキャンセルするかもしれないと、藤野さんには電話したのですが、高齢の母がこの夏を乗り切りそうなら、ぜひ行きたいと思います。その節は参加される皆様、よろしくお願いします。
また、少し休もうと思っていたのですが、もう一年、フォーレも歌わせていただくことにしました。こちらもよろしくお願いします。

http://homepage1.nifty.com/mstak/

 

演奏会前後

 投稿者:上田明子  投稿日:2008年 6月 2日(月)16時16分5秒
  「わが母の教え給いし歌」の旋律は、ソプラノが最初に歌い出だす Sta-bat Ma-ter do-lo-ro--sa の    「 do-lo-ro--sa」 の個所と、よく似ていると思いました。
出だしがうまくいけば、あとはすべてうまくいくような気がして、発声練習のように、この歌を歌っていました。
ありがとう!
美しい歌。
演奏会が終わっても、いつもいつも歌っていたいドヴォルザークの歌。
 

素晴らしかったです!

 投稿者:にゃあ=関  投稿日:2008年 6月 1日(日)19時45分57秒
  今日は、素晴らしい演奏会をありがとうございました。
始めのオケの出がとても充実していて、さすが都響! と思い、ハラハラしながら合唱の出を待ったのですが、心配は杞憂に終わりました。
よく後ろから声が通り、生き生きとして、強弱もついて、、、アカペラのハーモニーも素敵! 言葉もハッキリしていました。
ここ数年の皆様の努力を思い出し、あんな練習もしていたなあ、、、こんな注意を受けていたなあ、、、とも思い出し、、、 ドイツレクィエムあたりの事を考えると夢のようですね!
圧巻は10番でした。フーガ前の声の出方! ソプラノもHがよく出ていて! フーガがなんて生き生きしているのでしょう!

ハンガリーでも素敵な歌声を響かせ、素敵な交流をしてきてください!
 

レンタル掲示板
/20