teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


阿蘇くじゅう・祖母山系イベント山開き情報

 投稿者:飯田ヒュッテ西嶋  投稿日:2013年 3月 8日(金)08時37分16秒
  こんにちは。くじゅう連山の麓で登山者の宿「飯田ヒュッテ」を営んでいます西嶋と申します。
今シーズンの阿蘇くじゅう・祖母山系のイベント・山開き情報がわかりましたのでお知らせします。
4月22日 くじゅう開山祭 白口岳11:00~
4月29日 黒岳シャクナゲ祭 じろそ村キャンプ場 8:30~
4月29日 傾山山開き 山頂祭 11:30~
4月29日 阿蘇高岳山山開き
5月3日  祖母山山開き 山頂祭神事 11:30~
5月12日 由布岳山開き 正面登山口 8:30~
6月2日  くじゅう山開き 久住山 10:30~
情報はあくまでも予定です。詳しくは各地域の商工観光課や主催施設にお問い合わせください。

又、飯田ヒュッテでは6月の予約を開始しました。
特にミヤマキリシマの開花時期5月後半~6月前半は早めにお問い合わせください
詳しい宿情報は飯田ヒュッテHP http://handahyutte.ina-ka.com/index.html をご覧ください。飯田ヒュッテ西嶋

http://handahyutte.ina-ka.com/

 
 

.

 投稿者:.  投稿日:2011年 5月 4日(水)00時20分52秒
  .  

.

 投稿者:.  投稿日:2010年12月25日(土)17時22分11秒
   

.

 投稿者:BBS修正  投稿日:2010年12月18日(土)11時58分22秒
  .  

BBS修正

 投稿者:BBS修正  投稿日:2010年 6月24日(木)05時43分0秒
  .  

CM削除担当

 投稿者:BBS修正  投稿日:2009年12月12日(土)21時06分3秒
  .  

新体制の掲示板?

 投稿者:南井英弘  投稿日:2009年 5月27日(水)22時10分49秒
  松田先輩の5月登山報告にコメントを書き込もうとしたところこの画面が出てきました。
阿形新会長体制での掲示板になったのでしょうか。
 

ホームページ改訂版

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 6月29日(日)12時41分12秒
  ホームページの立派な改訂版が出来ています。是非、覗いてください。
但し、このページとの関係はどのようになるのでしょうか?
 

写真

 投稿者:甲南山岳会  投稿日:2008年 6月12日(木)06時39分11秒
  甲南のHPを管理している塩崎です。
浪川が参加させてもらった立山例会山行の写真をアルバムに掲載しました。
覗いて見てください。

http://homepage2.nifty.com/konan-alpin/syasinn/pic2%20147.htm
 

50年ぶりの雪山 立山

 投稿者:中西 修  投稿日:2008年 6月11日(水)00時34分15秒
  50年ぶりの雪山で道具を揃えるにも今浦島太郎でした。スキーものどから手が出るほどやりたかったが、いきなりでは無理だと思い、次回にまわしたいと思います。今回の山行で要領はつかんだつもりです。とにもかくにも7人の侍というかスーパー老人というかの仲間入りさせていただいただけでも光栄です。皆さんの日頃の行いが良いかして、天候にも雪にも恵まれ、3校のOB にも親交を得ることができ幸いでした。今後ともお互い壮健に過ごしなお一層のお付き合いをお願いします。

関学山岳会 中西修
 

9月 東西合同登山 ゴルフ会

 投稿者:門脇 功  投稿日:2008年 6月10日(火)12時28分16秒
  題名の件についての提案です
例年 9月代2週 日曜日 登山 月曜日ゴルフの予定で開催しておりました 立山例会山行にてもそのようにお話しておりましたが 今年は9月代2週 日月が連休になっており
月曜のゴルフが安く有りません 代1週 あるいは3週に変更されたらと考えます
 

立山例会山行

 投稿者:門脇 功  投稿日:2008年 6月10日(火)12時17分23秒
  6月4日より小西 青木両先輩と甲南OB浪川君が先行されましたが残念ながら天候不良で思い道理にはいかなかったようです
6月6日 関東組 南井先輩 門脇 と門脇のスキー仲間 同志社OBの大日氏の三名は茅野で合流 大町 ”紅白”で連絡件昼食 車のパンクで時間をロスしましたが午後4時過ぎ室堂山荘到着 残念ながら青木先輩は当日下山されていましたが 他のメンバーも霧の為行動不良 すでに居酒屋状態の関西組 田中会長 中西先輩 小西委員長 甲南OB浪川君と合流 7名 平均年齢67歳の隊となりました 室堂山荘の風呂を楽しみ夕食後は延々と酒盛りで旧交を温めました 田中会長の昨年の歩行困難に反省されたか 最新 最高級の兼用靴 最新のファットスキーと新調道具には驚かされました
6月7日 梅雨の間の好天に恵まれ 朝食前に浄土の斜面を門脇 大日で足慣らしのスキー滑降 朝食後 中西先輩は登山姿で 富士山で少し自身喪失の南井先輩はスキーを担いで 他はシール装着のスキーで立山 山崎カールを登行 思い思いの標高より雷鳥沢迄スキー滑降を楽しみました 雪質 斜面の状態は最高に近く無垢の斜面に思い道理のシュプールを描くことが出来ました 特に浪川 大日両氏は雄山頂上よりの大滑降となりました 両氏とも溢れる元気さで他の追従を許さず 為に鉄人67号 63号と呼ばれるに到りました
雷鳥沢で昼食後 ロープツウが設置してある斜面にて悪雪 ロープツウ不慣れでの疲労に悩まされましたが スキー滑降後 無事全員室堂山荘に帰着 鉄人グループと南井先輩はさらに浄土の斜面に挑んでいました
天候に恵まれ室堂山荘の風呂も立山連峰一望 今日の疲れを癒しまして宴会に突入の一日でした
翌 8日関東組 関西組と別れ 門脇 大日は一の越を越え 東一の越よりタンボ平 ロープウエイ 下部の駅迄例年の如く大滑降 下部駅にて南井先輩と合流 途中大町温泉にて疲れを癒しそれぞれ帰宅いたしました 東一の越出発午前10時10分 帰宅は門脇午後2時半 楽しい時間はアット言う間です
今回はOB会最高の山スキー屋木村先輩が他の行事で残念ながら不参加でした 来年も元気でいる限り 年にもめげずスキーや登山で多数OBや 皆様と再会したいと思います
 

6月立山例会山行

 投稿者:浪川純吉  投稿日:2008年 6月 9日(月)20時43分10秒
  6月立山例会山行に参加しました甲南の浪川です。今回は小西さんのお誘いで厚かましくも山スキー・関学山荘にも宿泊させてもらいました。皆さんに同窓生のように可愛がって頂き本当に楽しい5日間でした。何より田中会長様・南井様・中西様のオバー70の皆様のお元気なことに驚きました、小西さん・青木さん・門脇さんには大変お世話に成りまた今後の課題(酒・トップの歩き方)を頂きました。門脇さんの友人大日さんにもお世話になりました。機会が有れば山スキーにお誘いください。  

第28回日本登山医学シンポジウム

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 6月 4日(水)22時35分26秒
  宇奈月温泉で開催の表記シンポジウムに参加した。参加者:290人

5月30日夕方に宇奈月温泉ホテルニューオータニにチェックイン。1年ぶりにお会いした先生方と夕食を共に。

5月31日は8時50分~夕方18時45分まで、ランチョンセミナーを含めて、殆んど休憩なしに登山医学関係の諸々の研究課題が報告され、また講演が実施された。
昨年8月に「富士山測候所を活用する会」の一環として私も参加した日本医科大学医学班による富士山登頂者の「心エコー検査、血圧、SPO2」など新しい事実が確認され、先生がたの興味を惹いていた。
特別講演として地元からの「北アルプスにおける山岳遭難救助」など山岳県としてヘリコプターを駆使した救助ノウハウも披露された。

6月1日:希望者30人は早起きしてトロッコで欅平に、トロッコを乗り継いで竪坑エレベータ(200m)、高熱隋道、黒四発電所、インクライン、黒部第四ダムまで黒部トンネルを抜け、大町駅への旅を楽しんだ。
前夜の大雨が新緑をより美しく輝かせた超快晴に恵まれ、トンネルののぞき窓から黒部川本流、剣岳東面、立山、後立山の峰々の景観を堪能した。
 

松田先輩にお願い

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 6月 4日(水)21時52分58秒
  ツツジと二輪草が盛りの筑波山楽しまれたことでしょう。丁度1週間前につつじヶ丘から登り、自然研究路を一周してきたところです。
春にはカタクリが山の斜面一面に見事に咲きまーす。
茨城方面の山に出かけるときはご一報お願いします。
 

大島襄二元山岳部部長の講演

 投稿者:尾崎 進  投稿日:2008年 6月 3日(火)08時34分3秒
編集済
  6月1日(日)ご案内の第59回ニュージーランド学会例会(於関西福祉科学大学) 「エベレスト世界初登頂エドモンド・ヒラリー卿を偲んで」にお邪魔しました。

今までニュージーランド会会長でも在られた大島元山岳部部長のご講演は「ニュージーランド、エドモンド・ヒラリーさん」と題して
        1、母国イギリスへの忠誠を誇る家系
        2、小、中,高と普通のニュージーランド人
        3、病床の首相、熱涙の宣戦の辞
        4、ザイルに握りしめる信頼の絆  を興味深く語られました。

このあと、先生の帝塚山学院大学の教え子から送られてきたと聞くDVD.で本年1月22日オークランドの清楚な教会で行われた。
卿の静かな国葬が半時間あまり映され構内は静まり返り、美しい賛美歌だけが流れました。私にはネパールから参列した数人のシェルパにより大きな棺に黄色い「カタ」を捧げるシーンが印象的でした。

先生はヒラリー卿と同じ年と聞きました。ご講演内容は同じ世界を生きた冒険家でなければ話せない非常に聞き応えのあるものでした。
「ニュージーランド研究」に投稿される予定の本講演は是非とも「関学山岳会会報」に転載して欲しいと思いました。(山岳会からはご近所の中西修さん、前日、山からおりてきた千田一夫さんと私でした。)

懇親会で先生に尻を押されて20数名のニュージーランド狂の先生方に「私のエベレスト」を話させていただく光栄によくしました。
大阪第10回国際シンポジュウムでヒラリー卿の講演「地球共有社会への離陸ー人類の正義と調和を求めてー」を拝聴したのも19年もまえのことです。
私事を含めまとまりのない所感乱筆お許し下さい。
 

5月の山行

 投稿者:松田政男メール  投稿日:2008年 5月31日(土)14時15分4秒
   5月15日 筑波山(876m)
横浜からバスで筑波山神社の駐車場まで入る。杉の古木に囲まれた筑波山神社に参拝して社殿を左に進み、ケーブルカーの宮前駅の手前を「関東ふれあいの道」の案内板に従い右手に折れると登山道が始まる。うっそうとした杉、檜、スジダイ等の混生林の中をほぼケーブルに沿って登る。約50分で中の茶屋に着く。すぐ左手にケーブルの索道がある。更に樹林の中を進みケーブルカーがトンネルに入るすぐ上を左に折れ、しばらく行くと右手に水場がある。男女川の源流である。最後の急登になり中の茶屋から約1時間で男体山、女体山の鞍部の御幸が原に出る。昼食の後、約1時間程で男体山、女体山を往復して、予定を変更して登って来た道を下山した。約1時間半。
 5月18日 棒の折山(969m)
西武池袋線飯能駅からタクシーで有間ダム(名栗湖畔)の白谷沢登山口まで入る。白谷の泉がある。初めは白谷沢の左岸の高みを行くが約20分程で道は沢に下る。このあたりから杉の林から広葉樹林に変わる。新緑が美しい。沢を渉りながらの遡行となり、鎖のついた石段を登るとこの沢最大の白孔雀ノ滝の落口に出る。林道を横切り更に登って行くと岩茸石と云う巨岩のある尾根上に出る。出発から約1時間20分。ここから木立の中、木段混じりの急登約30分で権次入峠に着き、更に約10分木段を登り切れば山頂である。山頂は平で北に展望が開け、奥武蔵、秩父の山々が望める筈であるが霞んで良く見えなかった。昼食の後、岩茸石まで来た道を下り、右へさわらびの湯バス停に向かって樹林の中の急坂を下った。1時間40分。
 

富士山スキー

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 5月29日(木)18時17分23秒
  木村員士さん古希祝
 一昨年5月5日、木村さんが小生の古希を富士山頂で祝ってくれた。そのお返しに5月22日、今回もスキーを担いで富士山頂に向った。
 スバルライン5合目から出発。尾根道に取り付く手前から残雪の上を本八合横まで直登し、9合目の最後の小屋横を通り過ぎて頂上に向ったが13時50分、白い鳥居の手前でついに時間切れとなった。
 先行者がいないので、木村さんは標高差1,000m以上を終日ラッセルし、ルートを開いてくれた。
 持参のコーヒーで古希祝の乾杯後下山。私のスキーの調子が悪く、大転倒を重ね、あとは斜滑降、キックターンで思わぬ時間を要した。その上、ショートカットのつもりが登り返すことになったり、ハプニング連続の富士山スキーとなった。木村さんの古希祝に同行してくださったJACアルパイン・スキー・クラブの令嬢にも大変失礼した。 スバルライン閉鎖の15分前にかろうじてゲートを通過できた。
 

中島健郎様への確認

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 5月24日(土)15時36分6秒
  登頂は出来ず残念だったことでしょうが元気に帰国を喜んでいます。
5月8日、下記の伝言をツラギ登攀中の貴兄にエージェントを通じてメールを入れましたがお手元に届いたか確認いたしたくここに書き込みました(貴兄のメール・アドレス、電話番号も分かりませんので失礼ですが)。
中島健郎さま
日本山岳会中村保氏から昨日次のような依頼を受けました。
Mr.Lindsay Griffin(Mountain INFO Editor, CLIMB MAGAZINE 英国) に DingjungRi登頂のレポートを送って欲しいとのことです。
Griffinさんが貴殿にメールで連絡しているとのことです。貴殿がカトマンズに帰ってからメールで依頼しているかもしれません。
折角の初登頂記録を埋没させない為にも、返事をされたほうが良いと考えます。
 追伸:
なお、Griffinさんのメール・アドレスをここに書くわけにはいきません。メールまたは電話を下さればお知らせいたします。宜しく。
 

帰国

 投稿者:中島健郎  投稿日:2008年 5月23日(金)23時13分5秒
  昨日帰国してまいりました!
残念ながら登頂ならずでしたが、いろいろと学ぶことが多かったです。
今後はOBとして山岳部と山岳会を盛り上げて行きたいと思います!
 

レンタル掲示板
/21