teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おめでとう

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月28日(金)07時37分40秒
  中島、山本両君、初登頂と元気な帰国姿を見て喜んでいます。また、彼らを送り出した学院当局、KGACの先輩方々にもお祝いの言葉をお送りいたします。
世間の大きな反響に応えるべくこれからも更なる御健闘をお祈りしています。
 
 

ディンジュンリ遠征 続報

 投稿者:川添倫男  投稿日:2008年 3月26日(水)13時19分47秒
  帰国へ

ディンジュンリ登頂し下山に向かっていた中島、山本両君は3月24日午後無事にカトマンズに戻りました。残務整理を済ませ明3月27日午前7時30分着のタイ航空TG672便にて
関空に帰ってきます。お時間のある方は出迎えに行ってやって下さい。

なお27日午後から関学にて記者会見が行われ、彼らの報告がメディアで報道されるかと思います。関西テレビでは当日午後4時53分からの「アンカー」内で放送予定とのことです。
 

3月例会山行

 投稿者:委員会  投稿日:2008年 3月24日(月)17時41分34秒
編集済
  日 時 :平成20年3月23日(日)
場 所 :三草山(みくさやま)
リーダー:麻植正弘
参加者 :田中外治、中野 明、麻植正弘、阿形健蔵、中西 達、
     梅沢征二郎、岡本敏宏、小西啓右、浅田 斉、中井祥雅

 三草山は大阪と兵庫の府県境に位置し、猪名川とその支流の大路次川の分水嶺となっています。天候さえ良ければ高い木はなく360°見晴らしは絶景です。
 23日は朝より曇り空で雨の心配がありましたが、昼食時までもてば良いと出発しました。有り難いことに下山までなんとか持ちました。
 本日の主役は何と言っても初参加の梅沢さん。登る前より付いて行けるか心配だと言いつつも快調に歩いておられました。
 ご存じ梅沢さんは大きな声とその弁舌さわやかな話がとどまることがないことで有名な方です。麻植さんとの二枚看板で今後の例会山行が楽しくなること必定。
 皆さんも是非参加して下さい。

http://mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000000802260001

 

関西学院同窓会奨学金

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月23日(日)21時17分28秒
  最近配送された「母校通信」121号の53ページに「スポーツ活動」の奨学金部門で山岳部リーダーの中島健郎君が07年度同窓会奨学金¥40万を給付され、表彰式に参加したことが記されています。写真を撮るときには別用で退席していたので、残念ながら記念写真には写っていないと関学の関係者から聞きました。
この奨学金の基金は買い物などに「関学カード」を利用した場合、そのカード代金の一部が関学同窓会に還元されたものであるとのことです。今後、買い物などは出来るだけ「関学カード」で支払いを行い、関学同窓会奨学金の基金に協力しようでは有りませんか。
 

ディンジュンリ遠征 続報

 投稿者:川添倫男  投稿日:2008年 3月21日(金)22時27分22秒
編集済
  バックキャラバンへ

(コスモトレック大津さんよりの情報-小西OBによる電話での聴取
  3月21日午後9時)

コックを帰し、高所ポーターとともに周辺地域の偵察、試登を終えて、
明日(22日)よりバックキャラバンの予定。
カトマンズ着は25,6日。
 

初登頂・新聞記事

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月19日(水)21時53分17秒
  東京では朝日新聞、日経新聞の社会面にに初登頂記事が載っていますが、
東京新聞(3月17日)には大きな二人の写真入り、そして
「ヒマラヤ未踏峰 関学大生が制覇」 の大きな横見出しと共にヒマラヤの地図まで載せた記事が掲載されています。
嬉しい事ですが、新人獲得に大いなる効果があることを願っています。
 

KG卒業式など

 投稿者:林 基彦  投稿日:2008年 3月19日(水)10時05分22秒
  中村副部長の投稿を読ませていただき18日に参列した1人として以下ご笑読
下さい。卒業式及び体育会功労者表彰式おいて学長が山岳部の快挙にふれて
おられ非常な喜びを覚えました。ゴルフ部を卒業された息子さんのご両親の
藤田秀樹OBご夫妻ともお会いできました。又式の中での院長の英語と日本語
によるスピーチには感銘を受けました。新しいKGの姿をアピールしているのでは
ないでしょうか。又同日配賦された母校通信には南井先輩の同窓へのメッセージ
が掲載されていて興味深く読ませて頂きました。なお私事ですが次期の学長は
小生の中学部以来の同期の人です。KG及び体育会の更なる発展に期待したいと
思ってます。
 

卒業式

 投稿者:中村順治(副部長)  投稿日:2008年 3月18日(火)13時17分35秒
  3月18日の午前10時から卒業式が挙行されました。今年は8学部合わせて3900名余りの学生が巣立ちます。平松一夫学長の式辞の中で卒業生達の活躍についても話をされ、山岳部のヒマラヤ未踏峰ディンジュンリへの登頂にもふれていただきました。中島君が出席していないのが残念です。  

祝 登頂

 投稿者:白石 裕メール  投稿日:2008年 3月17日(月)19時57分59秒
  最近にない喜びのニュースです。心から喜びます、後輩もやるもんだ!!
今朝の新聞で見ました。
 一方チベットのニュースが気になります、ラサの街が中国の官憲で弾圧されているのではないでしょうか、チベットの青年とトレッキングした時を思い出しています。
 

『母校通信』 No.121

 投稿者:鮎川  投稿日:2008年 3月17日(月)12時54分26秒
  本日送達された『母校通信』:巻頭特集につづき、「同窓の方々からのメッセージ」と題して我が南井英弘氏のメッセージが掲載されています。
日野原重明先生はじめ並みいる著名な方々と共に・・・

南井氏の「いち市井人(失礼!)としての経験と実践からのメッセージ」はインパクト大と思いました。
 

祝電

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月17日(月)11時09分3秒
  日本山岳会宮崎紘一常務理事からディン ジュリン初登頂者二人はKGAC現役であることの確認電話を受けました。
若い人たちを大切にする宮下秀樹会長が、有り難いことに祝電を準備しておられるとのことです。古川彰(社会学部教授)山岳部々長は現在、研究のためネパール・クーンブ地方に出かけ不在であることは、念のため伝えておきました。
 

登頂おめでとう。

 投稿者:森川 列メール  投稿日:2008年 3月17日(月)10時13分2秒
  今回の登頂のニュースは3月16日の新幹線でニュース速報されたようです。これは16日朝、上京中の大阪府山岳連盟山並会長からの連絡です。PRになったと思います。今回の登頂が部員の確保になれば幸いです。  

朝日新聞・東京版

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月17日(月)09時42分59秒
  今朝の朝日新聞を楽しみに起床しました。38ページの社会蘭に「関学生が未踏峰登頂」の見出しあり。2段で20行の記事が出ていました。
15日夜、現地から日本国内の同部OBらに連絡が入った。同山岳部員は今はこの二人だけ
で、存亡の危機に立たされた同部存続の起爆剤にしようと、二人だけで登頂に挑んでいた。

また東京在住の私の息子:昨日早朝入手の情報源について以下のように連絡して来ました。
「私は携帯電話のニュースで知りました。
何時間かおきに無料で勝手にニュースが更新されて送られてくるやつです。朝方、確か朝日新聞ニュースだったと思います。山の名前も書いてありましたよ。ディンジュンリ?
まったく便利な世の中です。」
携帯電話を利用できないオヤジ、お蔭様でこんな仕組みを初めて知りました。
 

登頂おめでとう

 投稿者:松田政男メール  投稿日:2008年 3月17日(月)09時33分53秒
  中島、山本両君 初登頂おめでとうございます。2回目の挑戦でよくやりましたね。心よりお慶び申し上げます。又、学院関係者、山岳会役員及びOBの皆様のご支援も大きかったと敬意を表します。  

登頂おめでとう

 投稿者:狩谷  投稿日:2008年 3月17日(月)08時21分34秒
   二度目の挑戦でみごと登頂 おめでとう! 短期間のうちに何度も海外登山を敢行する現役諸氏に敬服いたします。
 本日(17日月曜日)の日経朝刊社会面にも「ヒマラヤ未踏峰学生2人が制覇」関西学院大山岳部 との見出しで記事が掲載されています。日経に出るとは思っていませんでした。
 さあ、あとは部員確保! 「新入部員は装備&合宿費補助あり」なんていうのも魅力的?かもしれません。私が現役の時は故植村直己氏に学内で公演をしていただいたり(公演は大盛況でしたが・・・)、岩登り講習会とかもやったりしましたが、今ひとつ効果が上がりませんでした。
 OBは頑張ってお金と知恵を出しましょう。現役あってのOBですから。
 

初登頂おめでとうございます。

 投稿者:廣岡一雄  投稿日:2008年 3月16日(日)23時30分11秒
  川添さん、南井様、森川様、この度は本当におめでとうございます。以前から色々と何かとお世話になりながらご無沙汰しております、渓声同人、KGWVOBの廣岡です。
部室前でスマートな今風の若者=中島山本両君を見かけたのがついこの間の先月末のこと、彼等らしくサクッと初登頂を果たしたんですね。このディンジュンリのKGACによる初登頂、心からご祝福申し上げます。
ただ、このたびの朝日新聞の報道では、04年関学大生14人遭難云々と(私らの後輩、WV現役の大長山の遭難騒ぎが)ふれられており、貴部と誤解されかねない記事部分があって、私としては申し訳なく思っております。

なお、本日昼に拙宅にもささやかな朗報がありました。渓声同人の広田(H5卒)平野(H8卒)が黒部横断に成功したと馬場島から電話をくれました。針ノ木から入山、黒部川を渡り、室堂を経て立山川滑降とスキーを利用して1泊?2日(=あしかけ33時間)で駆け抜けたようです。

もうすぐ、フレッシュマンの季節、これを機に入部希望者が貴部に(WVにもですが、、)沢山訪れてくれればいいですね。


KGACの皆様、失礼をいたしました。(廣岡一雄 法51卒)
 

初登頂おめでとう

 投稿者:南井英弘  投稿日:2008年 3月16日(日)21時31分34秒
  中島健郎君、山本大貴君
ディン ジュリン初登頂おめでとう。特にリーダーの中島君は二つ目の初登頂、嬉しい限りです。
昨日からJAC千葉支部仲間と1泊で千葉の山に出かけていました。帰宅後メールを開いたところ、東京に住む息子から「関学ヒマラヤでの初登頂、おめでとう」とあり。(情報源不明です)
急いでKGACホームページを見たところ、ネパール在の川添さん、森川先輩、服部さん、委員会から詳細な報告、新聞記事のコピーも読みました。
早速、我が家に宅配されていた今朝の朝日新聞を見ましたが、残念なことに1面のサマリーにも社会面にも初登頂記事はなし。日曜日の為、夕刊が無いので明日の朝刊を楽しみにしているところです。
関西学院大学に入学金を支払った今春の入学生が、この記事を見てKGACの扉を叩いてくれる事を願っています。

新入生など若手の情報源は「インターネットで得る」情報を最も便りにしているようです。
その意味もかねて、このKGACホームページをより魅力的なものに、そして逐一内容更新をお願いしたいものです。
これを機会にOB,OG共にホームページの掲示板にドシドシ参加してくださることをお願いします。
 

登頂おめでとう

 投稿者:服部 有人メール  投稿日:2008年 3月16日(日)11時30分23秒
  中島・山本両君の登頂成功おめでとう。日曜の朝刊一面サマリーと社会面トップの報道は広く読まれたことでしょう。学院関係者、OB山岳会役員の皆さんのサポートの力が大きかったと感謝と祝意を表します。新聞記事にあるように、これをチャンスに山岳部復興へ弾みがつくよう、更なる知恵を出し合いましょう。  

初登頂おめでとう

 投稿者:森川 列メール  投稿日:2008年 3月16日(日)09時13分41秒
  現役2名によるネパール ヒマラヤ 「ディン ジュリー」初登頂おめでとうございます。
2回目の挑戦で良くやったと思います。今後の活躍を期待します。
 

ディンジュンリ遠征 報

 投稿者:川添倫男  投稿日:2008年 3月16日(日)00時36分30秒
  ディン ジュンリ 6196m 登頂成功
(3月15日午後10時45分 衛星電話にて中島より受信)
3月14日 B.C. より  A.C..入り
3月15日 アタック  A.C..午前3時      出発
            午前10時35分  ディンジュンリ 6196m 登頂成功。
            当日のみ好天に恵まれる。
            昨年より積雪少なく、ガレ場の通過に手こずる。

             登頂の感想  中島「疲れました」
                                   山本「しんどかったです。」
            本日B.C.帰幕(時間不明)
            今後B.C.より周辺調査に出かけるか検討中。
 

レンタル掲示板
/21